北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区守恒本町2-3-2 営業時間 10:00〜21:00(最終受付19:00) 
 土日祝営業!駐車場2台あり!予約優先!モノレール守恒駅 徒歩2分!
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
 産後の骨盤矯正成功の秘訣!
 こちらをクリック
 
 患者さんの喜びの声
こちらをクリック
 
インターネット割引価格!
 こちらをクリック
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 初めての方へ
 こちらをクリック
 
料金のご案内
 
 地図&アクセス
 
店内の様子 
 
 院長紹介
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 当院について
こちらをクリック
 
他店とはココが違う 
 
初めてで不安な あなたに
 
基本的な施術の流れ 
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
産後の骨盤
こちらをクリック
 
産後骨盤矯正の基本
 
産後骨盤矯正の方法
 
骨盤歪みチェック! 
 
骨盤ストレッチ 
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
よくある質問 
こちらをクリック
 
産後太りの原因は? 
 
産後骨盤の特徴!
 
 産後太りの特徴は?
 
産後の骨盤は どうなってるの? 
 
産後骨盤矯正の 効果は? 
 
産後骨盤矯正の ポイント! 
 
骨盤矯正と 産後の骨盤矯正の違い 
 
矯正回数は どのくらいかかる? 
 
産後骨盤矯正は いつからできる? 
 
産後骨盤矯正の 注意点 
 
 帝王切開と 自然分娩では?
 
骨盤底筋群って何? 
 
産後骨盤矯正の 成功の秘訣! 
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 店舗情報
 
 店舗名
 新小倉カイロ プラクティック センター
 
 住所 〒802-0971 北九州市小倉南区 守恒本町2-3-2
 アクセス モノレール守恒駅 徒歩2分
電話番号 093-964-1025
 
 受付時間 10:00〜21:00 (最終受付19:00)
定休日  不定休
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
 
 産後ダイエットの基本
 
 「産後ダイエット」とは?
 
 かわいいBabyが生まれて嬉しいけれど、あなたのココロとカラダはどんな状態?
かわいいBabyが生まれて
嬉しいけれど
あなたのココロとカラダは
どんな状態??
 
 「産後ダイエット」とは妊娠中や産後に変化したココロとカラダを
かわいい赤ちゃんと心地よく、より快適に過ごすために整えていくこと。

赤ちゃんが生まれ幸せいっぱいの時期、小さなベビー服や
赤ちゃんスペースは準備万端。でもちょっと待って!

妊娠中、時間をかけて変化し続けた、あなたのココロとカラダは、
今の環境に追いついていますか?

赤ちゃんを出産した後、おなかはすぐに元の状態に戻るわけでは
ありません。妊娠中に増えた体重は、おなか以外の部分にもついている
もの。そして大きく伸びきった腹筋や弱った骨盤周辺の筋肉・関節は
腰痛や肩こりの原因にもなります。また、骨盤のゆるみ・歪みなどが
身体の不調や気持ちの落ち込みにも繋がってしまうことも。

そんな変化をリカバリーしながら穏やかに戻していきたいもの!
ですが、産後に無理な食事制限はもってのほかですし、
激しい運動や競技スポーツはオススメできません。

元気で美しい「美ママ」を目指しながら、赤ちゃんとの生活を楽しみ、
貴重な産後の時期を過ごせるように「産後ダイエット」の
基本を3つに分けて確認していきましょう。
1.産後のココロとカラダの状態
2.「産後ダイエット」の重要性
3.食生活とエクササイズ

*産後の身体の状態は個人差が大きいので、必ず医師の許可を得てから
 行うようにしましょう。
 
 1.産後のココロとカラダの状態
 
 不安定なココロと疲れたカラダでボロボロ状態!  不安定なココロと
疲れたカラダで
ボロボロの状態!
 
 実は産後のココロとカラダの状態は疲れ切ってボロボロなのです!

まずココロの状態は、産後2〜3日後から気持ちが不安定になる状態
(マタニティ・ブルーズ)が起こることがあります。

産後うつとは分けて考えられ、産後1週間から10日ほど経つと自然と治る
一過性のものです。出産前後の急激なホルモンの変化が原因でおこると
言われており、涙もろくなったり、怒りっぽくなる、不安な気持ちになるなど様々な症状があります。

またカラダの方は、出産後子宮がだんだん元の大きさに戻ってきますが、
子宮収縮の際に後陣痛と呼ばれる痛みがあります。加えて会陰切開を
縫合した痛みで歩くのも座るのも辛いという場合も多くあります。
そして悪露という胎盤が剥がれた後からの出血、粘液、分泌液の混ざった
ものが排出される状態が1ヶ月くらい続き、次第に少なくなっていきます。

急激に変化するホルモンバランス、それに沐浴や授乳、それに沐浴や
授乳、添い寝などは、同じ姿勢が続き疲れやすくなることも多く、
慣れない育児でココロとカラダがいっぱいいっぱいの時。

産後は、赤ちゃんのことに周りがみんな関心を持ってくれ、お腹から
出てきた赤ちゃんに「やっと対面できた!」という嬉しい時期でも
あります。ですが、ママのココロとカラダは、「出産という大仕事を
終えることができた」という安心感と、「これから育児を頑張らなく
ちゃ」という気持ちの狭間で、かなり疲れてしまっている時期なのです
時にはそのストレスが周りに向けられることもあります。

ですから妊娠中や産後に変化したココロとカラダを整えていくことは、
ママ自身や赤ちゃん、周りの家族のためにも、とても大切なことなのです

 2.「産後ダイエット」の重要性
 
 ママが元気で美しいとbabyも嬉しい!! ママが元気で
美しいと
Babyも嬉しい! 
 
カラダには妊娠中、産後と様々な変化が起こります。
個人差がありますが、妊娠中の変化として一般的に考慮する点は、

1、腰痛
妊娠中にお腹が徐々に大きくなっていくことで、カラダの前面の体重が
大きく増え、骨盤が前に引っ張られるように前傾してきます。
骨盤が前傾することで、腰椎(腰の部分の5つの背骨)のわんきょくが
増し、いわゆるそり腰状態に近くなります。それにより、腰まわりの
筋肉が固くなり、歩くために必要な骨盤と体幹の回旋も不足して、
腰痛の原因になることが多くあります。
2.尿モレ
成長してくる赤ちゃんの重みが骨盤底にかかり、軽い尿漏れが
起こりやすくなることもあります。
3.肩こり
バストサイズも基底部から大きく変わり、重みが加わることで首、
肩周りの血行が悪くなり、姿勢も変わるため、肩こりの原因になります。

妊娠中のこれらの大きな変化は、出産すればすぐに戻るものではなく、
産後はそれにプラス、授乳や添い寝で無理な体勢をとることがあったり
どんどん増える母乳量でバストの重みがさらに増したり、
姿勢バランスがさらに悪化することも。

カラダは慣れない育児と寝不足で疲れが溜まっているうえに、ココロは
不安定になりやすいのですから、産後に変化したココロとカラダを
ケアしていくことは大変重要になります。

それを整えていくためには、エクササイズと食生活が
大きく関わってくるのです。
 
 3.エクササイズと食生活
 
 母乳育児のためにはその分の食事付加量が必要に。  母乳育児のためには
その分の食事付加量が
必要に!
 
 産後の産後の一時期を何も考えずにただ過ごすのと、赤ちゃんとの
新生活を楽しみながら、エクササイズや食生活に意識を少しでも
向けながら過ごすのとでは、その後の育児スタイルや、ママの元気度、
美しさに大きく差が出てきます。

まず食生活については、赤ちゃんを出産したあとも、授乳期はママの
食べたものがそのまま母乳へと変わり、赤ちゃんの身体を作って
いくので、妊娠中よりも、より多くの栄養素が必要になります。

5年ごとに発表される、日本人の健康維持・増進、生活習慣病の予防を
目的とし、給食管理のもっとも基礎となる科学的データ「日本人の食事
摂取基準」があります。 ここでは、妊婦、授乳期等、ライフステージ別
でも指針が出ていますが、授乳婦の食事の付加量に対する考え方は、
(妊娠中の体重増加の減少分+ 泌乳に伴う付加量)となっています。

つまり、産後は決して食事を減らして体重を減らす時期ではなく、
母乳を出す分、付加量を付けましょう。という時期であることが
分かります。母乳量は、分娩直後は少量で徐々に増加し、個人差は
大きいですが、一般的には産後3ヵ月頃もっとも多くなると言われて
います。また、出生直後と離乳を開始する産後6ヵ月とでは、
母乳量も赤ちゃんの哺乳量もかなり変わってきますが、1日の泌乳量を
全期間を通じ780mLと仮定し、付加量を策定しているそうです。

摂取付加エネルギー量の目安として、妊娠初期の付加量は+50Kcal、中期
は+250Kcal、末期は+450kcal。そして授乳期では+350Kcalになります

生活習慣や活動量によっても差はありますが、1日の摂取エネルギーの目標
として、20代は2500kcal、30代なら2450 kcalを目安にしてみましょう。

またエクササイズについては、産後のカラダの状態を考慮し、医師の診断
を仰ぎながら少しずつ進めていくことが大切になります。

もともと運動が好きな方や、産後早く元の体重に戻したい方など、
それぞれエクササイズをしたい理由は違うと思いますが、出産した
カラダは筋肉も関節もボロボロと言ってよいほど疲れています。

ですから無理なダイエットで、これから始まる子育てに向けて、
余計な負担をカラダにかけてしまってはいけないのです。変化したココロ
とカラダを、かわいい赤ちゃんと心地よく、より快適に過ごしていくこと
が重要になってくるのです。自分と赤ちゃんの今の状態を医師と
相談しながら、整えていくようにしましょう。
 
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
トップページ料金のご案内 | 地図&アクセス | 店内の様子 | 院長紹介  |
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
Copyright(C) 2015 DDN All Rights Reserved.
北九州市小倉南区小倉北区で産後の骨盤矯正
inserted by FC2 system